bat japan - 環境管理とサプライチェーン管理



私たちブリティッシュ・アメリカン・タバコ・グループ(以下、グループ)はグローバル企業であり、世界中あらゆる所で事業を展開しています。私たちの事業が環境に与える影響を減らすことは重要優先事項であり、それにはグループで働く全ての社員が関係しています

グループでは長年、包括的な環境と安全衛生(EHS)管理システムを運用しています。環境に直接与える不可を監視し、業務の効率化を図ることでそうした負荷を削減することに努めています。さらに、厳しい環境基準を設けているサプライヤーを選択し、既存のサプライヤーに対しては環境パフォーマンスの改善を促すことによって、間接的な負荷の軽減にも努めています。

tobacco leaf

私たちの事業は生物多様性に依存しています


環境


今後ますます気候変動の影響は顕著になってくると思われます。その結果生じる環境の変化は、たばこ葉を仕入れ、製品を生産して供給するという私たちの事業を困難なものとし、さらには私たちが事業を営んでいるコミュニティや景観にさえも影響を及ぼす可能性があります。私たちのビジネスの成否は現在も将来も、きれいな水や健全な土、木材などの資源をもたらす生物多様性に依存しています。
私たちが作る製品がどれほど天然資源に依存しているかを考えたとき、優れた環境管理とは、単に正しい事柄を実行するだけでなく、ビジネスとして健全な意味を持つものでなければなりません。そうした天然資源を確実に入手し、また将来の変化に備えることがビジネスの持続可能性を担保する上で重要だと考えています。


グループのアプローチ


私たちは、自分たちが環境に直接及ぼす影響だけでなく、将来グループのビジネスに掛ってくる環境に関する圧力についても対応するべく努力しています。それには、リスク管理、パフォーマンス管理のほか、業務の効率化が含まれます。
環境問題は、企業が単独で努力して解決できるものではありません。また柔軟性も要求されます。世界のある場所で有意義である方策も別の場所ではまったく意味のないことがあり得ます。そこで私たちは、地域コミュニティと協力し、国際的組織との連携を強化することを目指しています。


グループのサプライチェーン


私たちは、複雑でありながらも、きわめて重要なサプライチェーンに依存しており、そのサプライチェーンは将来も適切に機能してもらわなければなりません。それこそが、農作物から消費者に至るまでの全段階で持続可能性を向上させるために私たちがその影響力を行使している理由です。たばこ産業の性質上、サプライチェーンには、たばこ葉のサプライヤーとたばこ葉以外のサプライヤーという2種類の異なるサプライヤーがあり、そのいずれに関しても私たちは包括的プログラムを用意しております。

 
たばこ葉サプライヤー


グループでは世界中の契約農家およびサードパーティ・サプライヤーから40万トン以上のたばこ葉を買い取っています。グループの伝統的かつ優先的ビジネス・モデルでは、サプライヤーの顔が見えない公開市場で買い付けるのではなく、9万軒を超える農家との直接契約でたばこ葉を仕入れています。
グループのたばこ葉サプライヤーはすべて、たばこ生産における社会的責任(Social Responsibility in Tobacco Production:SRTP)プログラムによる検査を受けなければなりません。検査には、広範囲をカバーする基準に基づいた自己査定の年次報告などが含まれています。そのスコアはwww.bat.com/SRTPdata で公開しています。


たばこ葉以外のサプライヤー


たばこ葉以外のサプライヤー管理では、紙や板、機械などの直接材と、ITコンサルティングなどの間接的サービスのサプライヤーが対象となります。
直接材を扱うグループのたばこ葉以外のサプライヤーに関する主要サプライチェーン管理プログラムとしては、ビジネス・イネブラー調査ツール(Business Enabler Survey Tool:BEST)があり、サプライヤーの持続可能性パフォーマンスを評価し、また継続的改善のための枠組を提供します。


ページ最終更新日: 17/05/2016 08:34:08 GMT