british american tobacco japan - WHO議定書



ブリティッシュ・アメリカン・タバコ・グループ(以下、グループ)は、たばこ製品の不法取引をなくすため、世界保健機関(WHO)の議定書策定を公的に支持してきました。WHO

5年以上にわたる交渉の後、2012年11月にたばこ製品の不法取引排除に関する議定書がタバコの規制に関する世界保健機関たばこ規制枠組条約(FCTC)の加盟国代表団によって採択されました。


密輸や偽造は、国ごとに異なる形態を取る国際的な問題です。グループは、たばこサプライチェーンに関する専門的な知識や情報を駆使し、長年にわたり各国政府や法執行機関によるブラックマーケット(不法取引)を撲滅するための戦いを支援してきました。


武器や薬物の密売、人身売買などの組織犯罪にも関係している可能性がある密輸や偽造、脱税を防止するには、規制当局や法執行機関、たばこ業界が一丸となって取り組む以外に方法はありません。
世界160ヵ国以上の政府に対する拘束力を持つWHO議定書は、国際的な協力や法執行の強化につながるものであり、また不法取引を防止する有効な枠組をもたらします。


ページ最終更新日: 11/05/2016 08:01:53 GMT