british american tobacco japan - たばこによる経済への貢献



tobacco contribution

タバコは、やせた天候不順の土地でもよく育ちます

たばこ産業は、100以上の国において国の経済にとって重要な位置を占めており、世界中で数百万人の人々が、たばこ産業に従事していると推定されています。

たばこ産業ほど広範にわたる産業はありません。ほとんどの国にたばこ産業があり、通常、経済および社会機構の重要な部分を形成しています。たばこ製造業をもたない国でさえ、たばこの販売は重要な収入源となっています。

 

食糧以外では、もっと広く栽培されているタバコ

植物のタバコは、食糧以外では、世界で最も広く栽培されている作物です。タバコは栽培が容易で、やせた天候不順の土地でもよく育ちます。また、価格が安定していることでも知られており、これらの理由から、発展途上国において、多くの農業従事者がタバコの栽培を選択しています。非常に小さなタバコ畑でも十分な収穫が可能であり、農業従事者は、タバコの収益を食糧などの他の作物の栽培に投入することができます。良質なタバコを栽培するための技術は、他の作物をよりよく育てるのにも役立ちます。
植物のタバコの作付面積は、世界の耕地の0.1パーセントに及びません。たとえば、コーヒーの作付面積の半分以下であり、1年のうち一時期使用されるのみであるにもかかわらず、多くの国で農業収益に重要な位置を占めています。


ページ最終更新日: 11/05/2016 08:01:52 GMT