british american tobacco japan - 健康リスク



 

喫煙の楽しみには、肺がん、呼吸器疾患、心臓病などの重い病気を引き起こすリスクが伴います。また、多くの人にとって禁煙は難しいことです。

喫煙は、様々な命に関わる病気を引き起こします。肺がん、肺気腫、慢性気管支炎、心臓病などです。

調査・研究

グループは有害性の低減されたたばこ製品の開発に力をいれています

喫煙が及ぼす健康への影響に関する大部分が、疫学的研究によってもたらされたものです。疫学は統計に基づく科学であり、個人に対する影響ではなく、むしろ大規模グループを集合として捉えた時の影響を測定するものです。疫学では、調査票(データ)と観察によって一定のグループ(例えば、喫煙者のグループ)における疾病の発症を特定し、その発症率と他のグループ(例えば、非喫煙者のグループ)の発症率とを比較します。

疫学調査では、長年にわたって特定の病気の発症率が非喫煙者より喫煙者グループの方が高いと、報告されています。また、禁煙すると健康へのリスクは軽減し、禁煙は早ければ早いほど、よりよい効果があることも報告されています。

疫学調査は、古くから疾病の原因を示唆する様々な関連性を特定する手段として使われ、研究室内での詳細な調査の指針となってきました。喫煙に関して言えば、多くの研究所は長年にわたり調査を行っているにもかかわらず、喫煙と特定の病気の因果関係を証明するような統計上の成果を確実に説明できるような生物学的メカニズムを特定できておらず、病気の発症過程における煙の特定成分が果たす役割についても解明されていません。

どのような喫煙者が喫煙に伴う病気にかかり、他はそうでないのか、また実際に病気にかかった個人が喫煙だけの原因でそうなったのかについて、科学では解明されていません。これは、ひとつには、喫煙に関連する病気が、生涯一度もたばこを吸ったことのない人にも発症していることによるものです。

病気の発症過程と煙の特定成分が果たす役割について、生物学的レベルで完全に解明されていないため、健康への影響の少ない紙巻たばこを設計する取り組みは、まだ不確実なものにとどまっています。

ブリティッシュ・アメリカン・タバコ・グループ(以下、グループ)は、科学的に解明されていない点があるのだから「喫煙は重病の一因になる」という説には疑問が残る、と言っているわけではありません。重要なのは、疾患のメカニズムと煙の特定成分の果たす役割が、生物学的レベルで完全に解明できていないため、害の少ないたばこを開発するうえで不確定要素が生じているということなのです。グループは、長年にわたって、有害性の低減されたたばこの研究開発を進めてきました。科学的な不確定要素があるため、大変な挑戦ではありますが、この取り組みに今後とも力を入れていきます。

健康リスクに関する注意事項

  • 喫煙は、様々な重い病気や命に関わる病気の一因になります。
  • 健康リスクは、喫煙量によって異なります。喫煙年数が長く、1日の喫煙本数が多いほどリスクが高くなります。
  • 禁煙すれば、健康リスクが減少します。禁煙のタイミングが早いほど、減少効果が大きくなります。
  • 専門家は、妊娠中はたばこを控えるようアドバイスしています。
  • 喫煙による健康リスクを確実に避けるには、たばこを吸わないようにするしかありません。

ページ最終更新日: 13/05/2016 04:31:57 GMT