british american tobacco japan - 禁煙は可能でしょうか



喫煙は、なかなかやめることができない場合もあります。禁煙することを決めた喫煙者に、その動機と信念があれば、禁煙はできるということが重要です。

多くの喫煙者は、たとえそれが重大な病気を引き起こすリスクを持っていると知っていても、喫煙を続けなかなかやめることができないと言っています。

禁煙が難しいことは、数百年にもわたって知られていることです。公衆衛生当局は過去にいろいろな結論を出しましたが、現在では、公衆衛生当局のほとんどが紙巻たばこの喫煙には常習性があると判断しています。

しかしながら、次の点も重要です。数百万人もの喫煙者が、医療的な支援を受けずに禁煙に成功したり、それぞれの社会・文化に合わせて、喫煙の頻度や場所、時間を変えたりしています。イギリス等、幾つかの国では現在の喫煙者数と同じ位の人が禁煙に成功しています。

一般的な考え方では、喫煙には常習性があるという一方、ブリティッシュ・アメリカン・タバコ・グループ(以下、グループ)は、禁煙することを決めた喫煙者に、その動機と信念があれば、禁煙は可能だと考えます。

禁煙を手助けする様々な方法が提唱されてきました。ニコチン代替療法(パッチやガム)もそのひとつです。しかし、禁煙に成功するための最も重要な要因は、動機を持つこと、そして禁煙できると信じることだと、ほとんどの人が考えています。

禁煙に関する注意事項

  • 喫煙をやめるのは難しい場合があります。喫煙を始めようと考えている成人の方は、後になってやめるのは難しいということを考慮するべきです。
  • 禁煙することを決めた人は、動機と信念が重要です。
  • 禁煙しようという意欲とやり遂げる自信があれば、たばこの誘惑に負けて挫折することはありません。
  • これまで、数百万人もの人々が禁煙に成功しています。
  • 禁煙に関するアドバイスは、公衆衛生当局や医療関係者など各方面から入手できます。なかには、国営の禁煙ホットラインを開設している国もあります。
  • グループのビジネスは、喫煙を勧めることでも、禁煙を妨害することでもありません。ご自身の意志があれば、それに基づいて禁煙するべきだと考えています。

ページ最終更新日: 10/02/2015 09:52:11 GMT