british american tobacco japan - タール、ニコチン、一酸化炭素とは何でしょうか



日本では、タールとニコチンの量がパッケージ(包装)に記載されています。タール、ニコチン、一酸化炭素の量を規制している国もあります。そもそもタール、ニコチン、一酸化炭素とは、どのようなものなのでしょうか。簡単にご説明します。

タールとは?

研究所において機械が喫煙した煙をフィルター・パッドに集めたたばこの煙には、小さな粒子が含まれています。タールは、この方法で回収される粒子状物質であり、水分とニコチンを除去した後に残るものとして定義されています。タールは、複合混合物であり、がんなどを促進する可能性がある物質を含んでいます。

ニコチンとは?

ニコチンは、植物としてのタバコに含まれる天然成分であり、たばこの煙に含まれています。ニコチンを含む植物は他にもありますが、たばこより格段に少ないレベルでしかありません。ニコチンには、特殊な薬効があり、カフェインよりは弱いものの穏やかな刺激効果があり、またリラックスさせる効果もあります。しかし、たばこの煙よりはるかに高い量のニコチンは毒性があります。公共保健機関の多くは、ニコチンが中枢神経に働いて、喫煙への依存を助長し、常習性を高めていると考えています。 

一酸化炭素とは?

一酸化炭素は、植物が燃える際に発生する気体です。一酸化炭素は血中でヘモグロビンと結合すると、酸素を運ぶ能力を低減させます。紙巻たばこでは、たばこの葉が燃えるときに発生する一酸化炭素が、心臓疾患のリスクを高めることに関連があると考えられています。

タール、ニコチン、一酸化炭素の含有量測定に関しては、『紙巻たばこの生成物はどのように測定されるのでしょうか』 をご参照下さい。

日本で販売されている製品に含まれるタールとニコチンの量に関する情報は、こちら をご参照ください。


ページ最終更新日: 10/02/2015 09:52:09 GMT