british american tobacco japan - 日本での社会貢献活動



ブリティッシュ・アメリカン・タバコ・ジャパンは、私たちが事業を展開している地域社会に対し貢献できると信じています。



私たちは、社員によるボランティア活動を支援し、地域社会への貢献に力をいれています。全国各地で活動する社員のボランティア・チームは清掃活動や森林保全活動等を行っています。

以下に代表的な社会貢献活動をご紹介します。 

平成21年6月、「ブリティッシュ・アメリカン・タバコ・ジャパンの森」を設立しました

[ブリティッシュ・アメリカン・タバコ・ジャパンの森]

社員から寄せられた「目に見える形の社会貢献活動を!」という声を、「ブリティッシュ・アメリカン・タバコ・ジャパンの森」の設立と、京都モデルフォレストが推進する森林保全活動を支援することで実現しました。また、この活動は、ブリティッシュ・アメリカン・タバコ・ジャパンの地球温暖化防止策への取り組みを、京都議定書が発行された土地で第一歩を踏み出すものです。以下の活動を実施しています。

  • 関西リージョンの社員によるボランティア活動: 0.5ヘクタールの森林を、社員が下草刈などを行い、自社の森を育てています。

        森の場所: 京都府長岡京市長法寺奥山

 

2015年1月16日 「ブリティッシュ・アメリカン・タバコ・ジャパンの森」の表彰

CSI_2015Modelforest   CSI_2015Modelforest2

 

[本社が所在する港区愛宕での活動]                                        

社員による清掃活動を行っています

本社が所在する港区愛宕では、港区のアドプト・プログラムに加盟して、地域の共有財産である道路、公園(神谷町駅から御成門駅までの道路および西久保巴町児童遊園)の清掃活動を行っています。

今後も清掃活動を行い、吸い殻のポイ捨てに対する意識向上に働きかけ、環境維持に貢献して行きたいと考えています。

2014年12月 港区景観街づくり特別賞を受賞

CSI_2015Atago clean up



ページ最終更新日: 22/01/2016 04:57:30 GMT