british american tobacco japan - 公共の場所での喫煙



pps

エア・フィルター・システムは、比較的安価で設置できる換気機器です

大半の人は副流煙を吸いたくないと思い、たばこの匂いを嫌い、煙が立ちこめている場所は避けるものです。ブリティッシュ・アメリカン・タバコ・グループ(以下、グループ)は、これらの理由から、職場やレストラン、バーなど、公共の場所の屋内での喫煙を制限することを支持します。

少数国ではありますが、職場や公共の場における屋内で喫煙を完全に禁止するという徹底した措置を採っている国もあります。これは行き過ぎであるとグループは考えています。喫煙者を締め出さずに、かつ喫煙者に差別されているという感じを抱かせることなく、たばこの煙を減らす方法があります。

グループは、行政、使用者、サービス産業、たばこ産業、消費者、その他多くの人びとが、ともに協力して現実的な取り組みが行えると考えます。たとえば、分煙エリアや禁煙エリアを設け、あるいは空調設備を設置して、心ならずも副流煙に曝されるような状況を減少させることが考えられます。

エア・フィルター・システムは煙を完全に除去することはできないものの、室内をより快適な環境にします。例えば建物の大きさや構造の複雑さ等が原因で、備え付けの換気機器が良く機能しない場合には、比較的安価で効果的な方法と言えるでしょう。

グループの支援活動の一例として、ローマのフィウミチノ空港にエアー・フィルター・システムを備えた快適な喫煙ラウンジを提供しており、喫煙者からの好評をいただいています。

多くのグループ企業がリスペクティング・チョイス(選択の尊重)キャンペーンを支援しています。このキャンペーンは、レストラン、コンベンション・センター、喫茶店、バー、クラブ、ホテルなどの顧客のもてなしに関してサービス産業を支援することを目的とするものであり、空調設備や、喫煙席と禁煙席の配分についての技術的分析を伴うものです。

以下に関する見解もご覧ください。

PDF: 2009/3/24 -神奈川県受動喫煙防止条例が成立したことに対する会社見解 - 2009/3/24 -神奈川県受動喫煙防止条例が成立したことに対する会社見解 (59 kb) 新しいウィンドウを開く

PDF: Regarding Kanagawa regulation - 2010/01/12  「神奈川県水浴場等に関する条例改正素案」に対するパブリックコメント募集に関して、当社見解を神奈川県に提出しました(145 kb)  新しいウィンドウを開く

PDF: Osaka PPS -2013/02/06-PDF: 「大阪府受動喫煙の防止等に関する条例(案)」に対する意見について - 「大阪府受動喫煙の防止等に関する条例(案)」に対する意見について (212 kb) 新しいウィンドウを開く


ページ最終更新日: 13/08/2015 04:48:51 GMT