british american tobacco japan - 私たちの見解



社会の期待を理解し、責任ある企業行動とは何か、という問いに対する答えを見つけ、行動しています

たばこ産業は、とかく議論の多い産業です。「たばこ会社が、社会的責任を全うできるはずがない」という消費者の強い意見も聞かれますが、ブリティッシュ・アメリカン・タバコ・ジャパンは、たばこに対する考え方は少しずつ変化していると感じています。

企業が果たすべき責任に対する社会の期待が変化するにつれて、たばこ関連の課題への私たちの取り組み方も変わってきています。社会に対する説明責任(アカウンタビリティ)の能力を高めるとともに、製品に関連する課題について、私たちのステークホルダーと建設的な対話を続けて行きます。

企業に対する期待は、これまでにないほど大きく膨らんでいます。企業は、その経済力を社会的な目的のために活用し、自然環境への責任、地域への貢献、行動倫理規範、経営の透明性向上、説明責任の強化を求められるようになっています。

他の多くの企業と同様に、ブリティッシュ・アメリカン・タバコ・グループ(以下、グループ)は、事業そのものを立派に運営して、経済の発展に寄与することが、社会と自然環境の発展を支援する最も効果的な方法だと考えています。社会と自然環境に対する社会的責任を受け入れ、企業として取り得る方法で貢献することは、経営上の道理にかなっています。社会的課題を企業が単独で解決することは難しく、建設的な協力関係を持った他者とのパートナーシップが大切であると考えます。

とかく議論の多い業界における企業責任とは


健康に影響を及ぼす製品を製造・販売する場合、責任ある製品管理の取り組みがより一層必要になると、グループは考えています。当社の製品は、約2,600万人という成人喫煙者が、喫煙の楽しみと健康リスクのバランスを判断しながら喫煙を続け、良質のものを妥当な価格で購入することを希望する製品です。だからこそ、行政・企業・社会が一体となって、責任ある製品管理を保証するような最良の方法に取り組まなければなりません。

たばこ関連の課題に対するグループの取り組みは、社会の期待に沿い、応えるものでなければなりません。グループは、社会に対する説明責任(アカウンタビリティ)の能力を高めるとともに、製品に関連する課題について、ステークホルダーの皆様と建設的な対話を続けていきます。今後、このようなソーシャル・レポーティングのプロセスのあらゆる側面を発展させ、未だかつてないような透明性の高い、包括的なCSR報告書を作成したいと考えています。

たばこ産業に対する批判もありますが、グループに対する社会の期待を理解し、責任ある企業行動とは何か、という問いに対する答えを見つけ、行動していく方針に変わりありません。

グループは、すべての問いに対して答えを持っているわけではありませんし、いつも正しい答えを持っているわけでもありません。しかし、すべての関係者が様々な意見に耳を傾けることで、実現可能な解決策を見出すことができると確信しています。グループが提供できるのは、オープンな精神、製品と技術に関する知識、分別ある規制への支援、そして多様な文化の中で100年以上にわたり事業を展開してきた経験です。

前国連事務総長のコフィ・アナン氏は、世界経済フォーラムにおいて、持続可能な成長のために企業と社会を変革できる全ての団体(市民活動団体)とが手を取り、連携することを呼びかけました。当社も変革を生み出すことができるように様々な団体と協力関係を築き、取り組んでいます。このセクションで、その取り組みの詳細をご覧いただくことができます。

各ページのリンクでは、たばこ規制に対するグループの支援姿勢や、喫煙と健康の関係に関する見解、そしてたばこ販売の世界規準になっているグループのたばこマーケティング規準についてもご覧いただけます。

私たちは、社会的責任を果たすべく、真剣に取り組んでいます。ご意見、ご質問はこちらへ 新しいウィンドウを開く お寄せください。


ページ最終更新日: 12/05/2016 10:50:28 GMT