bat japan - マーケティング国際原則



世界中のどこでビジネスを行う場合であっても、ブリティッシュ・アメリカン・タバコ・グループ(以下、グループ)は、マーケティング国際原則 (International Marketing Principles)に従ってマーケティング活動を行います。
 
 
 
ブリティッシュ・アメリカン・タバコは、企業行動について高い規準を掲げていることを信条としています。私たちは、たばこ産業に対する規制が必要であることに同意する一方、当社が市場シェア拡大のために、当社たばこ製品について成人の消費者に責任ある形でコミュニケーションを行うことについては許容されるべきだと考えます。
ブリティッシュ・アメリカン・タバコのマーケティング国際原則は、一貫した責任あるマーケティング手法をグループ全体に提示するものです。この原則は、2001年に策定され、2007年に改定されたマーケティング国際規準(IMS)に代わるものです。
マーケティング原則は、私たちが責任あるたばこ製品マーケティングの根幹を成すと考える、4大原則から構成されます。各原則の根拠として、一連の中核となる規準を挙げており、この規準は、消費者とのコミュニケーションへの各原則の適用方法を示すものです。
  
中核原則

当社の4大原則は、

  1. 喫煙のリスクに関し誤解を与えてはならない。
  2. 成人喫煙者に対してのみ、製品のマーケティングを行う。
  3. 喫煙するかどうかや、喫煙量に関する消費者の判断に、影響を与えようとしてはならない。
  4. 当社の広告はたばこ会社の広告であり、当社のたばこブランドの販売促進を意図したものであることを、常に消費者に明確にしなければならない。

この原則は、ブリティッシュ・アメリカン・タバコの全ての燃焼性たばこ製品に適用されます。

私たちは、マーケティング原則に照らして自らの事績をモニターするとともに、監査を実施し、グループのサステナビリティ・レポートでその結果を報告します。

マーケティング国際原則はこちらからご覧いただけます。 新しいウィンドウを開く

背景
2001年に最初のマーケティング国際規準が作成される前、グループのマーケティング活動は、長期にわたり、グループで定めた広告に関する原則に従ってきました。この原則は、例えば、グループの広告及び販売促進活動は成人喫煙者のみを対象とすべきであること、たばこ製品が健康に対して有効であるという表示をしてはならないこと、広告に使用する人物は25歳未満であってはならず、また、そのように見えてはならないこと等を定めておりました。

マーケティング国際規準ではこれらの規定を基盤としながら、マーケティング環境の変化を反映した追加の指針を盛り込みました。たばこのブランドによるフォーミュラ・ワン・レーシング(F1)のスポンサーシップについても、必ずしもすべての競合他社が撤退をしない中で、グループはこの規準に沿い、2006年12月の契約終了をもって撤退しました。
2007年にグループは、成人認証の際にとるべき手続及び消費者との新しいコミュニケーションチャネルの責任ある活用方法について、より詳細な規定を定めるべく、規準を改正しました。
2012年の新たなマーケティング国際原則の発行は、グループのマーケティング指針が、マーケティングおよび技術の発展、ならびに規制環境およびステークホルダーからの期待の変化に対応した適切なものであるようにするという前回改正時の方針の継続を確実にするものです。
 
 

遵守状況の監査

グループの規準の遵守状況は、内部監査チームにより継続的に監視されており、また各地域の監査委員会により検証されています。この監査委員会には非常勤役員、他のBritish American Tobacco p.l.c.の取締役会のメンバー及び執行委員会のメンバーが含まれています。重要な問題点は、すべて監査委員会に照会され、グループのサステナビリティ・レポートに結果を報告しています。

当社のマーケティング活動がこの規準を遵守していないと思われた方は、是非とも当社ウェブサイトの「お問い合わせ  」を通じて、私たちにその情報をお寄せください。お待ちしております。

各国の法律

マーケティング原則は当社の最低規準であり、各国の法律より厳しい場合もこの規準が適用されます。ただし、各国の法律又は市場の他の自主規範が、当社のマーケティング原則より厳しい或いはこれに優先する場合、当該国の法律又は自主規範に従うことになります。


各国の法律がより緩やかな場合であっても、私たちはより高い規準を掲げるとともに、公平な競争環境の実現を目指し、政府に対しこの原則又は同様の規定を各国の法律の中において具体化するよう求めます。

 

スウェディッシュ・スヌースのマーケティングに対する考え方

スヌースは紙巻きたばこに比べ健康上のリスクが潜在的に低いことから、この製品に関しては、より制限的ではない規制を支持するだけの十分な科学的証拠があると私たちは考えています。この見解に沿い、スヌースのマーケティング規準を別途導入いたしました。

グループは、潜在的に健康リスクの少ない製品の特性がどのように消費者に伝達されるべきかについて、規制当局及び保健機関との対話を継続します。


ページ最終更新日: 17/05/2016 08:34:08 GMT