bat japan - ブリティッシュ・アメリカン・タバコ・ジャパン



ブリティッシュ・アメリカン・タバコ・ジャパンでは、およそ750人の社員が働いています

ブリティッシュ・アメリカン・タバコ・ジャパン合同会社は、世界で最も国際的で、また上場たばこ企業の中でマーケット・シェア第2位のたばこグループである、ブリティッシュ・アメリカン・タバコ・グループ(以下、グループ)の一員です。2002年に創立100周年を迎えたグループは、現在50,000人を超える従業員とともに200ヵ国以上の市場で事業を展開しています。

グループの製品は、30年以上に亘り日本市場で販売されてきましたが、ブリティッシュ・アメリカン・タバコ・ジャパンの企業としての新たな歴史は、2001年夏に始まりました。

1984年にグループは、ブラウン・アンド・ウイリアムソン・ジャパン・インク(B&W ジャパン)を窓口として、日本での事業を開始しました。その翌年、住友商事株式会社の100%子会社、エス・シー・エー・タバコ(SCAT)を通して製品の販売を始めました。2000年にグループは、SCATの全株式を住友商事から取得し、グループの傘下におさめ、2001年には、B&W ジャパンとの事業統合を行った後、社名をブリティッシュ・アメリカン・タバコ・ジャパン株式会社に変更し、東京都港区の愛宕MORIタワーにオフィスを構えました。

複雑かつ競争の激しい環境下にありますが、常に高品質のたばこ製品を追及することで私たちの事業は進められています。最高レベルのスタンダードであるという私たちへの評価は、卓越した能力を持つ社員を雇用してきたことの現れです。私たちは、極めて高い資質を持っている従業員を採用し、能力を開発し、維持してゆくことを常に心がけています。


 
会社案内 「We are BAT 2017年版」
We are BAT 2017
「We are BAT」は、ブリティッシュ・アメリカン・タバコ・グループの事業概要や課題への取り組みと2015年の業績をご案内しています。そしてブリティッシュ・アメリカン・タバコ・ジャパンとともに働くことに関心を寄せている方がお知りになりたい情報を以下のリンクからご覧いただけます。

 

PDF: We are BAT 2017_2 - We are BAT 2017 (3,152 kb) 新しいウィンドウを開く


ページ最終更新日: 22/11/2016 09:46:47 GMT